24Days English

英語が自分の口から出るようになる瞬間

私たちが日本語を話す場合と英語を話す場合とでは違いますね。日本語の場合には、考えながら話すにしても日本語で考え日本語で話し、全て日本語で思考します。一方英語の場合は、一旦日本語で考えてから、どう英語で表現するのか?考えて英語で話します。これはまだ英語で思考する力がない段階です。


普段使ってないと言葉というのは忘れてしまいますし、逆に毎日使っていれば自然と思ったことが口をついて出てきます。英語もこのような状態にして、日本語で毎回考えてから英語に直すことなく英語から英語へと思考できるようになるのが理想です。このレベルまで来ると、ネイティブとのコミュニケーション能力も相当なものになっているはずです。


24Days Englishでは、普段日本語を話すような感覚で英語もぱっと口から出てくるようになるためのトレーニングもできます。継続して英語に触れていれば、次第にこの感覚がどのようなものかを実感できることができるでしょう。



button11.gif



英語の語順に慣れること

欧米の人に比べても日本人は英語が苦手と言われています。その原因の一つに言語体系が違うことがあります。例えばドイツ語は英語と同様に主語の次に動詞、そして目的語ときますが、日本語は最後に動詞がくるわけです。


日本語の感覚からすると、この語順の違いというのは明らかに混乱してしまうわけです。更に前置詞なども入ってくると、なおさら混乱に拍車がかかって、結局は英語は難しいというイメージが出来上がって、苦手意識が生まれるわけです。


24Days Englishでは、シンプルな内容でしっかりと基礎固めをしていきますが、この語順に関しても自然と英語に慣れていき、身に付くように構成されています。そのため、語順でつまづくことがありません。


もちろん、24Days Englishを元にして、しっかりと徐々に英語を学んでいけば、最初は混乱していた語順も次第に慣れていき、抵抗感がなくなることでしょう。



button11.gif



英語習得の一番のツボを押さえた24Days English

24Days Englishで多くの方が英会話を上達させることができるその理由は、他の教材にはない英語習得の秘密があるからです。


英語は聞き流すだけではいつまで経っても、英語が耳から流れていくだけですので上達できません。ポイントを押さえているように見えて、押さえていないわけです。


英会話上達のためにはそのポイントである英語習得のツボをしっかりと押さえて、身に付けることが必要です。そうでないとざるに水を流して貯めようとしているのと同じこと。


最短で英会話をマスターするという目標のために、24Days Englishはそのエッセンスだけを学んでいきます。それも1日1レッスンという無理のないペースで。消化不良を起こすこともありません。
他の教材ではこのツボはわかりません。



button11.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。