24Days English

やはり英語上達には耳から覚えるのが良い

英語に限りませんが、言語を覚えるには耳をまず慣らすことが良いでしょう。
聞き取れるようになり、簡単な文章を耳を通して覚えていくのは、ある意味で身体で覚えるようなものにも通じます。一度自転車に乗れるようになったり、泳げるようになると身体で覚えているので、そう忘れることはありません。


英語も同様に一度集中的に耳を慣らすと基本がしっかりと固まります。海外生活をしたり留学した経験のある人が英語を話せるようになるというのもやはり毎日使っているからであり、24Days Englishは更にシンプルな内容に特化して、集中して24日間以上英語に慣れるという点で共通するものがあります。


そして聞き取れるようになると自分でも発音できるようになります。これはちょうど赤ちゃんから幼児期に言葉を覚えていくのと似たようなプロセスです。聞き取り、そしてそれを真似る、という考えてみると至ってシンプルな方法です。


最初はまず基本に集中してみることが、その後の応用につながっていくきっかけになるでしょう。



button11.gif



24Days Englishと一般的な英語教材

英語教材と言うと今では書籍やネットでの教材など実に様々なものが販売されています。
そしてそれを手にする人の英語力も内容も目標も千差万別。


受験英語対策の参考書や問題集は別にしても、多くはTOEICや英検対策の試験向けの教材か、あとはヒアリング力を向上させる教材が多くを占めているでしょう。


それぞれ最適なものを自分の目標とする英語力を養うために手にして、取り組むことが大事です。
その中で、日常英会話ができるようになりたいと考えている方であれば、英会話用の教材を手にします。
試験用の勉強だとどうしてもコミュニケーション能力の割合は小さいので、結果的に無駄な勉強に時間やコストをかけてしまいます。


一方でヒアリング力を高める教材の多くはネイティブの発音を繰り返し聞くものがほとんどです。この24Days Englishもご多分に漏れず、その一つです。しかし、他の教材と違う点はスピーキング力にも重点を置いている点です。聞く能力がついても、会話の中では当然自分で話していく力が必要です。そこを補うのがこの24Days Englishの特徴です。


更にそれも難しい表現ではなく、誰でも取り組める内容であるという大きなポイントがあります。高尚な英語を話す必要はありません。日常の英会話を話せることができれば、充分ネイティブとのコミュニケーションを楽しむことができるようになります。



button11.gif


ヒアリング力だけでなくスピーキング力を高める24Days English

ヒアリング力だけでなく、スピーキング力を高められるのが24Days Englishの大きなポイントです。


一般的には映画を字幕なしで楽しんだり、CNNを聞き取ることができるなど、比較的英語力の高い目標の教材はよくあります。これはもちろん情報を多く取り入れたり、映画をそのまま楽しめるなど可能性は大きく広がります。しかし、英語初心者にとってはいきなりそこを目標にすると、結果的には途中で挫折する可能性が高く、虻蜂取らず状態です。


日常の英会話を身に付けるのであれば、まずは基本の型を体で覚えていき、そして何より大事な発信力をモノにすることが不可欠です。


24Days Englishでは、この発信力、つまりスピーキング力を飛躍的に高めるための1分間の法則というテクニックを伝授してくれます。これはこの教材独自のノウハウであり、他では教えてくれません。



button11.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。