24Days English

24Days Englishと一般的な英語教材

英語教材と言うと今では書籍やネットでの教材など実に様々なものが販売されています。
そしてそれを手にする人の英語力も内容も目標も千差万別。


受験英語対策の参考書や問題集は別にしても、多くはTOEICや英検対策の試験向けの教材か、あとはヒアリング力を向上させる教材が多くを占めているでしょう。


それぞれ最適なものを自分の目標とする英語力を養うために手にして、取り組むことが大事です。
その中で、日常英会話ができるようになりたいと考えている方であれば、英会話用の教材を手にします。
試験用の勉強だとどうしてもコミュニケーション能力の割合は小さいので、結果的に無駄な勉強に時間やコストをかけてしまいます。


一方でヒアリング力を高める教材の多くはネイティブの発音を繰り返し聞くものがほとんどです。この24Days Englishもご多分に漏れず、その一つです。しかし、他の教材と違う点はスピーキング力にも重点を置いている点です。聞く能力がついても、会話の中では当然自分で話していく力が必要です。そこを補うのがこの24Days Englishの特徴です。


更にそれも難しい表現ではなく、誰でも取り組める内容であるという大きなポイントがあります。高尚な英語を話す必要はありません。日常の英会話を話せることができれば、充分ネイティブとのコミュニケーションを楽しむことができるようになります。



button11.gif




ヒアリング力だけでなくスピーキング力を高める24Days English

ヒアリング力だけでなく、スピーキング力を高められるのが24Days Englishの大きなポイントです。


一般的には映画を字幕なしで楽しんだり、CNNを聞き取ることができるなど、比較的英語力の高い目標の教材はよくあります。これはもちろん情報を多く取り入れたり、映画をそのまま楽しめるなど可能性は大きく広がります。しかし、英語初心者にとってはいきなりそこを目標にすると、結果的には途中で挫折する可能性が高く、虻蜂取らず状態です。


日常の英会話を身に付けるのであれば、まずは基本の型を体で覚えていき、そして何より大事な発信力をモノにすることが不可欠です。


24Days Englishでは、この発信力、つまりスピーキング力を飛躍的に高めるための1分間の法則というテクニックを伝授してくれます。これはこの教材独自のノウハウであり、他では教えてくれません。



button11.gif



英語が自分の口から出るようになる瞬間

私たちが日本語を話す場合と英語を話す場合とでは違いますね。日本語の場合には、考えながら話すにしても日本語で考え日本語で話し、全て日本語で思考します。一方英語の場合は、一旦日本語で考えてから、どう英語で表現するのか?考えて英語で話します。これはまだ英語で思考する力がない段階です。


普段使ってないと言葉というのは忘れてしまいますし、逆に毎日使っていれば自然と思ったことが口をついて出てきます。英語もこのような状態にして、日本語で毎回考えてから英語に直すことなく英語から英語へと思考できるようになるのが理想です。このレベルまで来ると、ネイティブとのコミュニケーション能力も相当なものになっているはずです。


24Days Englishでは、普段日本語を話すような感覚で英語もぱっと口から出てくるようになるためのトレーニングもできます。継続して英語に触れていれば、次第にこの感覚がどのようなものかを実感できることができるでしょう。



button11.gif



英語の語順に慣れること

欧米の人に比べても日本人は英語が苦手と言われています。その原因の一つに言語体系が違うことがあります。例えばドイツ語は英語と同様に主語の次に動詞、そして目的語ときますが、日本語は最後に動詞がくるわけです。


日本語の感覚からすると、この語順の違いというのは明らかに混乱してしまうわけです。更に前置詞なども入ってくると、なおさら混乱に拍車がかかって、結局は英語は難しいというイメージが出来上がって、苦手意識が生まれるわけです。


24Days Englishでは、シンプルな内容でしっかりと基礎固めをしていきますが、この語順に関しても自然と英語に慣れていき、身に付くように構成されています。そのため、語順でつまづくことがありません。


もちろん、24Days Englishを元にして、しっかりと徐々に英語を学んでいけば、最初は混乱していた語順も次第に慣れていき、抵抗感がなくなることでしょう。



button11.gif



英語習得の一番のツボを押さえた24Days English

24Days Englishで多くの方が英会話を上達させることができるその理由は、他の教材にはない英語習得の秘密があるからです。


英語は聞き流すだけではいつまで経っても、英語が耳から流れていくだけですので上達できません。ポイントを押さえているように見えて、押さえていないわけです。


英会話上達のためにはそのポイントである英語習得のツボをしっかりと押さえて、身に付けることが必要です。そうでないとざるに水を流して貯めようとしているのと同じこと。


最短で英会話をマスターするという目標のために、24Days Englishはそのエッセンスだけを学んでいきます。それも1日1レッスンという無理のないペースで。消化不良を起こすこともありません。
他の教材ではこのツボはわかりません。



button11.gif



英会話マスターの道は口語を徹底的にトレーニングすること

英語の勉強と言えば単語を暗記したり、英文法を覚えることが一般的なイメージとしてあります。これはペーパー試験には強くなるかもしれませんが、英会話には直接的に効果があるわけではありません。頭で知っていても、ネイティブの英語を聞き取り、それに応えるということがとっさにできないわけです。


日常で使われる表現は、ペーパー試験対策で覚えることはあまりありません。そのために学校で一生懸命勉強して成績が良かったからと言って、英会話が得意というわけにはならないのです。


英会話をマスターするという目標であれば、徹底して日常会話、つまり口語の勉強をすることが有効です。無駄なことを省き1点集中型で勉強すれば、頭が混乱することなく、短期間で効率的に上達させることができるでしょう。


24Days Englishも、こうしたコンセプトに基づいた教材です。ネイティブが使っている表現を24日間でマスターしていくもので、それも無駄を省き基本を覚えることに徹底したからこそ可能なわけです。




button11.gif



24Days English は30年で既に2万人が実践してきた勉強法

24Days Englishは既にその方法が教えられて30年以上経ちます。島田先生がこれまでに指導してきた人数は2万人。


多くの方が実践しています。裏返せば、それだけ英語を学びたい、英会話をマスターしたいというニーズが多いわけです。しかし、学校で学ぶ英語はあくまでペーパー試験対策がメインであり、海外でネイティブとやりとりする日常英会話をものにするというものではありません。目標が違うので、当然ながら多くの方は筆記試験で英単語や文法はある程度対応できても、実際にネイティブを前にして英語で話すことは苦手なのです。


24Days Englishの良い点は、英語の苦手意識を持っている方であっても、無理なく毎日続けられ、そしてしっかりと基本を身に付けることにあります。消化不良を起こさない基本中の基本を徹底的に学ぶので、ちゃんと上達していることを実感できるようになるでしょう。


だからこそ、多くの人が実践して効果があるという評価をしているわけです。




button11.gif



結局は英語初心者には、Simple is best!

どうしても難しい英単語や文法、構文などを暗記する勉強をしてきたので、英語に対する苦手意識や大変だという思いが、多くの人にあります。そんなに難しく考える必要は決してないにも関わらず、英語=大変なこと、修行、というような先入観にとらわれるわけです。


しかし、ネイティブとの会話には、そんな複雑な文法や構文など必要ありません。難しい英単語を使うこともありません。実際に話してみるとわかりますが、基本的な英単語を使って話すことがほとんどです。頻繁に使われるフレーズも、実は簡単な単語を組み合わせることで構成されていることも、勉強していくうちに気付くでしょう。


英語は難しいという思い込みが、英語に取り組むこと、また英会話をマスターしたいと思う気持ちを妨げているとしたら、もったいないことです。せっかく日常会話を習得してネイティブと話したいという思うがあるのですから、ちゃんと取り組むことがプラスになります。


あとは勉強の仕方だけの問題です。24Days Englishでは、難しいことは一切不要。とてもシンプルな文章を覚えていくだけです。それも1日10分程度と、時間的な負担もありません。


基本をしっかりと身に付けていけば、着実に自分の英語力、英会話力がアップしていることを実感できるでしょう。それも24Days Englishが、複雑なこと排除して、基本の徹底化がされている教材だからです。




button11.gif




受け身ではなく、発信力を養う

英語というよりもこれは国際社会のなかでの自己表現のあり方ですが、自らどんどんと考えや意見をはっきりと発信することはとても重要です。


とかく日本人は何を考えているかわからないと海外の人から見られがちです。はっきりと意見を言わずに遠回しにものを言ったり、本心を明かさなかったり、黙っていたりという傾向があります。


そのために特に欧米社会のビジネスシーンでははっきりと意見を述べることが大事です。


英語のコミュニケーションについてもわかってもいないのにわかったようなふりをすると後で何かとトラブルになったり、嫌な思いをしたりということもあります。


24Days Englishでは、しっかりと聞くだけではなく話す発信力を養うことができます。




button11.gif



基礎固めこそ飛躍の前提

英語において基礎を固めることは誰でも重要なことです。


基礎を徹底してマスターすることで、その後の飛躍があるわけで、これを疎かにしては英語が上達することはなかなか難しいでしょう。


どんな言語でもそうですが、基礎をしっかりと行わないといくら難しい文法や単語、表現をマスターしてもしっかりと身に付きません。


基礎工事がしっかりとしていないと、頑丈な建物が建たないのと同じです。


24Days Englishは、その基礎の部分に当たります。難しいことを外して、基礎のマスターに徹底するからこそ、飛躍に繋がるわけです。


これが初心者にとって、適した英会話教材である理由です。




button11.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。